1964 東京オリンピックを盛り上げた101人-今蘇る、夢にあふれた世紀の祭典とあの時代-



A5判  320ページ

内容紹介
1964年東京オリンピックにおいて、メダルを取った選手ばかりでなく、
様々な立場で大会の盛り上げに貢献した101人を取り上げ、その素顔や「その後」にも触れながら、彼らの奮闘ぶりを紹介。
アベベ、ヘーシンク、チャフラフスカ…伝説のオリンピアンをはじめ、組織委員会会長安川第五郎、オリンピック誘致の中心人物、田畑政治、
聖火採火のカッツェリ夫人、金栗四三以来日本伝統のマラソンで銅メダルに輝いた円谷幸吉、東京五輪音頭の三波春夫など多彩な人物を一挙収録。

著者について
京都府京都市生まれ。 京都府立嵯峨野高等学校を経て京都大学農学部卒業。 主に京都や歴史を題材にした小説、エッセイ、紀行などを手掛ける。
「おもしろ文明開化百一話~教科書に載っていない明治風俗逸話集~」、「天下取りに絡んだ戦国の女~政略結婚クロニクル~」、「恋する幸村~真田信繁(幸村)と彼をめぐる女たち~」、
「杉家の女たち~吉田松陰の母と3人の妹~」、「ハンサムウーマン新島八重と明治の京都」、「電車告知人~明治の京都を駆け抜けた少年たち~」、
「京都大正ロマン館」、「麗しの愛宕山鉄道鋼索線」、「平安京のメリークリスマス」など著書多数。

立ち読みはこちら(PDF)
型番 978-4897044729
販売価格
1,760円(税160円)
購入数